ダイエットを1年以内に成功させるには何が一番効果的なのでしょうか?サプリや食事、運動など様々ですが、いちばんは自分の体に合うかどうかです。人によって痩せやすい方法は違います。当サイトを参考にしてダイエットを成功させてください。

  • ホーム
  • ダイエット効果あり?体温を上げる運動法

ダイエット効果あり?体温を上げる運動法

もしもあなたがダイエットをしている最中で、なかなか効果がでないのであれば一度自分の体温を確認してみましょう。
基礎体温が36度3分以下であれば要注意です。
もしかするとあなたの体は痩せにくい体質になっているのかもしれません。
基礎体温が低めなのであれば体温を上げる方法を実践してみましょう、基礎体温を上げることによって体の代謝能力が高まり、脂肪を燃焼する量が増えるので、痩せやすい体質になります。
基礎体温の差による代謝能力の変化は思っている以上に大きく、基礎体温が1度違うと基礎代謝能力は13パーセントほど変わると言われています。

基礎体温を上昇させる方法として代表的なものが運動をすることです。
運動を言っても外出してジョギングするような大げさなものではなく、自宅でテレビを見ながら出来るような運動ばかりなので体温が低いと感じている人は試してみると良いでしょう。
私たちの体には全身に筋肉がついていますが、上半身よりも下半身に筋肉が集中しています。
大きな下半身の筋肉を鍛えて筋肉を増やす事によって代謝力を上げる事ができます。

また、下半身の筋肉は血液を上へと押し上げる働きもしています。
筋肉が増加することによって血液を上に押し上げる力も高まり、体温上昇にもつながります。
下半身を鍛える運動として代表的なものがスクワットです。
ただしスクワットは正しい方法で行わなければ効果が半減します。
基本的には出来るだけ筋肉に負荷をかけることを意識してゆっくりスクワットするようにしましょう。

スクワット以外基礎体温上昇に効果がある運動がストレッチです。
身体が硬くなって全身の筋肉が硬直していると血液の流れが悪くなります。
ストレッチをして全身をほぐすことによって体がほぐれて全身の血液の流れが良くなり、体温上昇につながります。
ストレッチとスクワットは時間があればセットで行うようにし、まずはストレッチで身体をほぐしてからスクワットをするようにすると、身体に無理な力がかかることも無いですし、スクワットの効果もさらに高まります。

基礎体温を上げる食材と調理法

ダイエットをするためには食事を工夫することが必要不可欠です。
どうせ食事でのダイエットを実践するのであれば基礎体温を上昇させるような食事を心がけましょう。
基礎体温を上げる食事をすることによって代謝能力が高まるのでダイエット効果がさらに高まります。

基礎体温を上昇させてくれる食材にはいくつかの共通点があります。
まずは暑い季節が旬のものよりも晩秋から冬にかけて旬を迎える食材の方が基礎体温を上昇させてくれる効果があるものが多いです。
そして寒い地方で主に収穫できるものや根菜類も体温上昇の効果が高いものが多く、色としては見るからに身体が温かくなりそうなオレンジ色や黄色など、いわゆる暖色系が多いです。
これらの共通点に当てはまる食材として代表的なものを挙げると、にんじん、かぼちゃ、ごぼう、れんこんなどです。
逆に暑い季節に旬を迎えるものや暑い地方で収穫できるもの、そして水分が多いものは体温を下げる効果があるものが多いのでなるべく避けるようにしましょう。

もう一つ、体温を上げるための食事で忘れてはいけないのが調理法です。
いくら体温を上げる食材を選んだとしても調理法が正しくなければ体温を上げるどころか下げることになります。
体温を上げてダイエット効果を高めたいのであれば、サラダなど野菜を生のままで食べるのは避けた方が良いでしょう。
よくダイエットのために野菜をたくさん食べようとサラダでたくさん食べる人が居ますが、間違っている調理法によって効果は半減しています。
ダイエット効果をさらに高めるための調理法としてはやはり加熱して温かい野菜を食べることが必要不可欠です。
冬に食べたくなる料理を想像すれば簡単です。
代表的な調理法としては鍋物やスープなどがあります。